t/rim design

倉敷の建築設計事務所トリムデザインのブログ
山陽新聞に・・
山陽新聞 倉敷の設計事務所 岡山
山陽新聞の朝刊に、先週まで「倉敷市立美術館」で行なわれていた建築展・・
「建築家のしごと2」にて行なった、ワークショップの様子が載っています・・2日間のワークショップには、両日ともに定員(30名)一杯まで参加して頂き、本当に有難うございました。近代建築の秀作「旧倉敷市役所(1960)」の "建築としての魅力" を、少しでも知って頂く機会に・・参加/協力して頂いた方々に感謝感謝です。
 
0
    | 日常・お知らせ | 13:28 | comments(0) | - | - | - |
    「建築家のしごと 2」
    岡山 設計 建築家のしごと展
    倉敷市立美術館で昨日まで開かれていた建築展が終了。昨年よりも、たくさんの人が会場に足を運んでくださり・・感謝感謝。(上写真) 今回のトリムデザインの展示内容は・・自分達の建築作品はさておき・・(やや地味ですが)倉敷の中心市街地に対する調査&提案でした。
    0
      | 日常・お知らせ | 11:25 | comments(0) | - | - | - |
      読売新聞に・・
      読売新聞 トリムデザイン 倉敷の設計事務所
      読売新聞の、今日の朝刊に・・
      来週から「倉敷市立美術館」で始まる、私たちも参加している建築展・・「建築家のしごと2」で、行なうワークショップについて取上げて頂きました。(自分達の写真が思っていたより大きくてビックリ!! )  皆さま予約の上、是非ご参加下さい〜。
       
      0
        | 日常・お知らせ | 17:34 | comments(0) | - | - | - |
        建築展とワークショップのお知らせ
        倉敷市立美術館トリムデザイン撮影
        『建築家のしごと2』に参加します。
        期日;2015年12月9日(水) - 13日(日)(9:00 - 17:00)
        会場;倉敷市立美術館 2階 第3展示室
        参加者;14名の建築家と写真家
        連絡先; archi.work2014@gmail.com
        情報発信;Facebookページ


        赤い旗​ ワークショップ 赤い旗「倉敷市立美術館 (旧倉敷市庁舎)」の建築探訪
        開催日;12月12日・13日
        開催時間;14時〜(一時間半程度)
        集合場所;倉敷市立美術館 2階 第3展示室入口
        定員;30名程度(予約優先)
        予約連絡先; archi.work2014@gmail.com

        期間中の土日に行われる建築探訪ワークショップをトリムデザインが担当します。

        日本の建築界を代表する建築家である、丹下健三の代表的な建築作品のひとつであり、日本近代建築の秀作・・「倉敷市立美術館 (旧倉敷市庁舎)」。倉敷の方にとっては、慣れ親しんだ建物・・しかし、見慣れた建物であるが故に、その魅力や価値を見逃しているのでは !?

        町家や倉が建ち並ぶ、歴史的な街並みは倉敷の大きな魅力のひとつではありますが、古い建物だけではない、倉敷の街のもう一つの大きな魅力・・それがこの「倉敷市立美術館」であり、さらに言えば、道路を挟んで建つ・・近代建築の秀作 「倉敷国際ホテル」と「大原美術館 分館」・・これらも含んだ1960年代の名モダニズム建築と古い街並みの対比。 これこそ倉敷という街の・・隠れた大きな魅力なのではないかと常々考えています。

        今回の建築探訪を機会に、「倉敷市立美術館」あるいは 「モダニズム建築」について・・ その魅力や価値を再発見・・あるいは新発見・・して頂く事が出来れば良いなぁと思っています。

        日ごろ、一般に公開されていないところも見学予定ですので、この機会にぜひご参加ください。
        なお、13日は講堂の見学が出来ませんので、講堂の見学を希望される方は是非12日にお申し込みください。
        また、参加の際には、歩きやすい靴でお越しください。
        0
          | 日常・お知らせ | 09:39 | comments(0) | - | - | - |
          「建築-新しい仕事のかたち」
          松村秀一 箱の産業 場の産業 岡山の設計事務所 
          松村秀一先生の「建築-新しい仕事のかたち」を読む・・
          1970年頃から40年近くにわたり、年間100万戸を切る事のなかった日本の新築住宅の着工件数は・・ここ数年100万件を超える事はなくなり・・今後も100万件を超える事はないそうだ。その様にして建てられてきた新築住宅の数は、とても膨大で(実に6000万戸)・・いまやその数は日本人1人あたり0.48件。つかわれなくなった住宅・・空家の戸数は800万戸。日本の総住宅数の1/7以上が空家となっている状態・・膨大な数の「箱」を戦後つくり続けてきた結果、日本にはいま多くの余剰空間が溢れているという事だ。

          松村先生のこの本では・・日本でいま余りに余っている「箱」を、迷惑な物とは考えず、むしろそれは資産なんだと・・"空間資源"という資産として、この膨大なストックをいかに活用するべきかという・・お話が数々の具体例とともに紹介されています。箱を場として再生する仕事・・その可能性は充分に期待を持てるという事のようだ。
          「箱物」という"ハードなモノづくり"においては、理想的な "現実との接触" を持ち得なかった日本の建築業界が・・「場」という"ソフトなモノづくり"においては、理想的な"つくる回路"を取り戻せる事に・・期待をしたい。
          0
            | 日常・お知らせ | 10:55 | comments(0) | - | - | - |
            美の館
            銈
            サイン工事・・ステンレスの切文字。「美の館」ではありません。
            ある意味、美の館ではありますが・・

            岡山 建築 設計
            この大原美術館のマークは・・かの芹沢銈介に師事し、90才をこえても今なお、現役の染色工芸家として活躍されている柚木沙弥郎さんの手によるものだそうです・・柚木沙弥郎さんは、芹沢銈介さんに弟子入りするまでの数年間、大原美術館に勤めていたそうです・・70年近く前の話。

            岡山 建築 設計
            現状・・こんな感じで、やや寂しい & 分かりにくい・・

            岡山 建築 設計
            こんな感じに。マークや文字は、これまで美術館でずっと使われてきたもので・・デザイン的にはとてもとてもgoodだと感じていたので。 t/rimにて行ったのは、レイアウト/素材/ディテールの監理調整だけですが。柚木さん作の大原マークは・・以前からとてもチャーミングだと思っていたので・・ 通常の使い方よりもバランス的には、大原マークをやや大きめにしてみました。

             
            0
              | 日常・お知らせ | 11:50 | comments(0) | - | - | - |
              小住宅・・
              岡山 建築設計事務所
              自分から選んだのではないシチュエーションが、外せない条件となった時 ( 建築の設計行為とは大抵の部分がそういう状態なのかもしれませんが )、これまでとは違う自分でも思っていなかった様な応答が出てくる契機って・・ありますよね。
              何ヶ月か前に提案させて頂いた計画案・・斜めに走る光のラインが印象的な「坪庭兼通り土間」が住まいの中心となった小さな住宅も、そんなひとつ。
              0
                | 日常・お知らせ | 09:53 | comments(0) | - | - | - |
                サンプル・・
                岡山 設計事務所 トリムデザイン
                SUS切文字とは、ステンレス板をレーザーで切り抜いて作るのですが・・サインに使用する文字が「明朝」や「ゴシック」などで、ラインがハッキリとしているものならば・・心配はnothing。しかし今回は「手書き文字」をSUS切文字として使用。再現具合がやや心配・・1文字だけサンプルを作って頂き、出来具合を確認・・・とてもgoodでした。仕上げはウレタン焼付け塗装。
                0
                  | 日常・お知らせ | 00:04 | comments(0) | - | - | - |
                  ノベルティ・・
                  岡山県庁舎 備前焼ノベルティ 岡山 設計事務所
                  今日・・現調(これから計画する建物や計画地の現場調査)に伺わせて頂いた際・・作業中、Oさん宅の物置倉庫の中で発見したもの・・一目見た瞬間「オモシロイ!!」・・これが何の焼き物か分かりますか?  答えはこちら。

                  岡山県庁舎 備前焼ノベルティ 岡山 設計事務所
                  再現された屋上の造形は・・師匠であるル・コルビュジエを思わせる?・・

                  岡山県庁舎 備前焼ノベルティ 岡山の設計事務所
                  裏面には「昭和三十二年三月十九日、新県庁舎落成記念」・・これは関係者向けのノベルティなんだろうか? (岡山県だけに備前焼!!)  
                  Oさんから「いいですよ、持って帰って下さい。」と・・ありがとうございます、Oさん!!  嬉しいです!!

                  フィンランディアホール ノベルティ 岡山の設計事務所
                  こちらは「アアルト自邸」に置かれていた焼き物・・銀行のお客様向けのノベルティ(貯金箱)です。そのモデルとなっている建物は、分かりますか?・・かなり大胆な(オモシロイくらいの・・)デフォルメがされていますが・・答えはこちらで間違いないとは思いますが・・ 
                   
                  0
                    | 日常・お知らせ | 22:19 | comments(0) | - | - | - |
                    KITA WORKSさん・・
                    KITAWORKSさんは・・来週6/16(火)まで、倉敷美観地区のプラスワンギャラリーにて個展を開催中!! 
                    岡山 設計事務所 トリムデザイン
                    岡山県の津山市にて、鉄と木材を使ったオリジナル家具を作られている・・KITAWORKS 木多隆志さん。普段は自身のオリジナル家具を作られているKITAWORKSさんに・・お願い&協力して頂いてt/rim designのオリジナル家具を作って頂きました・・

                    KITAWORKS  岡山 設計事務所
                    座面は黒革、背板はウォールナット、本体は黒皮鉄。デザインはスイスの建築家 Mario Botta をトリビュート・・

                    KITAWORKS   オリジナル家具 オーダー家具 岡山の設計事務所
                    鉄というのは・・非常に錆やすい材料なので、表面は着色塗装やメッキでコーティングして使用するというのが、普通。しかし黒皮鉄という状態は、鉄材を高温加熱して引き伸ばす加工の際に・・表面に出来る酸化皮膜・・これで覆われた状態。普通はこれを仕上げとは言わない所を・・ "仕上げ" としています。(銅板葺きの屋根材が年数と共に緑青色の酸化皮膜という錆で覆われていくのと同じ・・) 鉄という素材が本来持っている魅力表情を生かした・・黒皮鉄という使い方。なんとも言えない風合い・・存在感があります。

                    KITAWORKS   オリジナル家具 オーダー家具 岡山の設計事務所
                    こういう物も作って頂きました・・3連の3脚スツール。直径は500mm、400mm、300mm・・高さは460mm、430mm、390mm。使わない時はコンパクトに・・しまっておきます。こちらは座面がウォールナット、本体はステンレス・・ステンレスも存在感のあるgoodな素材です。
                    0
                      | 日常・お知らせ | 18:47 | comments(0) | - | - | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      + PROFILE
                      + LINKS
                      岡山県倉敷市の日本郷土玩具館 岡山県倉敷市の一級建築士事務所トリムデザイン
                      + CATEGORIES
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + ARCHIVES
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ