t/rim design

倉敷の建築設計事務所トリムデザインのブログ
「建築探訪 148」-Aichi 2

谷口吉生 茶室 豊田市美術館 倉敷 建築設計事務所

程良く高さを抑えた塀の向こうに見える佇まい、豊田市美術館の敷地内にある「一歩亭」。設計は美術館と同じ・・モダンデザインだけでなく数寄屋デザインも巧みな・・谷口吉生さん。広間と立礼席のある茶室建築・・妻面の真下部分がメインエントランス。

谷口吉生 茶室 豊田市美術館 倉敷 建築設計事務所

南側外観を見る。柱に支えられた、薄い庇下・・両引分け戸のメインエントランスが見えます。非常に寡黙・・無駄のない佇まい。

谷口吉生 茶室 豊田市美術館 倉敷 建築設計事務所

線材によるシンプルな構成美が・・goodです。床の石材は、美術館でも多く使われているグリーンスレート。

谷口吉生 茶室 豊田市美術館 倉敷 建築設計事務所

建物をぐるりと囲う軒下空間、いい感じです・・

谷口吉生 茶室 豊田市美術館 倉敷 建築設計事務所

折れ曲がりながら伸びていく・・東側の軒下空間。右手に別棟の茶室あり(三畳台目と一畳台目の席がある"豊祥庵")。

谷口吉生 茶室 豊田市美術館 倉敷 建築設計事務所

東側外観を見る。水平に低く伸びる日本的な佇まいがgoodです。メインエントランスのある南側の軒下空間が・・そのまま東側まで廻ってくる・・

谷口吉生 茶室 豊田市美術館 倉敷 建築設計事務所

軒先を見る・・板金(唐草)と板(広小舞)の間が、空いてるのが興味深い。

谷口吉生 茶室 豊田市美術館 倉敷 建築設計事務所

谷口吉生 茶室 豊田市美術館 倉敷 建築設計事務所
豊田市美術館を訪れた際には、見落としたくない谷口吉生さんの数寄屋建築・・ジャパニーズ・モダンの最高峰を設計した父親ゆずりの巧みさ。

(上写真、立礼席を見る。)

0
    | 探訪・現代建築など | 18:49 | comments(0) | - | - | - |
    「建築探訪 147」-Aichi

    倉敷 建築 設計事務所 豊田市 美術展 谷口吉生

    開館から22年経っても・・"いつまでもモダン"な「豊田市美術館」。"美術館博物館"建築のマイスター・・谷口吉生さんによる設計。高台となった大きな人工池に面して配された「直方体の建築」。右手の本館とテラスを挟んで、左手に建つ別棟は"高橋節郎館"。その他、別棟で茶室建築(もちろん谷口吉生さんの設計)も有ります。長大な門型フレームが効いています。

     

    倉敷 建築 設計事務所 豊田市 美術展 谷口吉生

    谷口吉生さんのミュージアムと言えば・・「丸亀市猪熊弦一郎美術館」「土門拳記念館」「東京国立博物館宝物館」「ニューヨークMoMA」「京都国立博物館平成知新館」などなど。セラ、ルウィット、ビュレンなどの外廻りに置かれたミニマルな彫刻作品もgoodです。西側より見る・・門型フレームの向こうに、左よりアルミ張り、ガラス張り、石張りと、素材を変えた直方体が綺麗に並ぶ。

     

    倉敷 建築 設計事務所 豊田市 美術展 谷口吉生

    谷口さんの好きなグリーンスレートの石で覆われた・・大きな門型フレームで区切られたエントランスコートを見る。広い敷地に施された、外構デザインはシンプルですが、手が込んでいます・・デザインは世界的なランドスケープデザイナーのピーター・ウォーカー。

     

    倉敷 建築 設計事務所 豊田市 美術展 谷口吉生

    エントランスが、いつも控え目な谷口建築・・(エントランスは写真中央部に見える庇部のところ)大きな外部空間から建物内に入る時、ググッと一度スケールを絞り込むのは・・谷口さんの好きな手法。

     

    倉敷 建築 設計事務所 豊田市 美術展 谷口吉生

    エントランスコートを見る。この日は快晴、スクエアな建築のエッジが際立ちます。"東山魁夷展"の開催中ですが・・右手の四角い壁面に貼られた展覧会用のサイン、これが建物とどうも調和していない様な・・

     

    倉敷 建築 設計事務所 豊田市 美術展 谷口吉生

    建物を覆う"ガラスの大壁面"。しかしながら、谷口建築はいつもいつも・・どこを見に行っても、気持ちいいくらいに・・"キチッと"納まっている。

    倉敷 建築 設計事務所 豊田市 美術展 谷口吉生

    2階通路部を見る。内側から見た"ガラスの大壁面"・・もちろん内外の2重ガラスで構造体を囲った壁です。2階の通路部分は、コスースの壁面グラフィックと、ホルツァーの電光掲示板を、設えた常設のギャラリースペース。

    0
      | 探訪・現代建築など | 17:26 | comments(0) | - | - | - |
      「建築探訪 146」-Gifu2

      羽島市庁舎 坂倉準三 建築 探訪 近代建築 倉敷 設計事務所

      大スロープ、水平に重ねられた高欄手摺と大きな開口部、屋上に載せられた凸凹屋根、聳える火の見櫓・・坂倉準三建築研究所の設計による「羽島市庁舎(1958)」を、今年の5月に・・探訪。羽島市は坂倉準三の故郷、実家は近くにある有名な造り酒屋(千代菊)・・北側から見る。坂倉の庁舎建築といえば、こちらや、こちら

       

      羽島市庁舎 坂倉準三 建築 探訪 近代建築 倉敷 設計事務所

      建物の東側には・・高く聳える"火の見櫓のような"望楼と、4Fまで繋がる折り返しの大スロープ。この角度から見ると、各建築的要素の構成による、建物のダイナミックさがよく伝わる。

       

      羽島市庁舎 坂倉準三 建築 探訪 近代建築 倉敷 設計事務所

      この建築の大きな特徴・・2Fのメインエントランスへと繋がる、建物を南北に貫く、大きな斜路。坂倉さんの建築と言えば・・建物をプロムナード的に巡っていく階段やスロープといった物の・・存在感や独立感 が際立っています。有名な1937年のデビュー作である「パリ万博日本館」もそう!!。

       

      羽島市庁舎 坂倉準三 建築 探訪 近代建築 倉敷 設計事務所

      南側の立面を見る。建物の廻りには小さな池が張り巡らされ・・坂倉準三の傑作である「カマキン」にも通じる、水辺と建物の関係性。屋上に突出物を載せるデザインは師匠ゆずりで・・いかにも「コルビュジェ」!!。

       

      羽島市庁舎 坂倉準三 建築 探訪 近代建築 倉敷 設計事務所

      坂倉の設計による東急文化会館呉市庁舎が撤去され・・そしてまたこの建物も"サヨナラの危機"(今月初めに新庁舎建設工事の公募型プロポーザル」の公告が羽島市より発表)・・個人的に思い出のある大阪の枚岡市庁舎も危なそうだし・・近年次々と撤去されていく坂倉建築・・。今は使われていない、折り返しながら4階まで上がる大スロープを見る。

       

      羽島市庁舎 坂倉準三 建築 探訪 近代建築 倉敷 設計事務所

      大スロープ横にある、望楼への入り口部に目がとまる・・壁面と開口のバランスが何ともgood・・それを際立たせているのが、この型枠の割付け・・

      羽島市庁舎 坂倉準三 建築 探訪 近代建築 倉敷 設計事務所

      昔の"コンクリート打放し"は・・コンクリートを流し込む為の木製型枠が、大きな1枚のパネルではなく・・フローリングのような板材を貼りあわせた物・・しかし、この割付けはとても手が込んでいて、goodです。

       

       

      0
        | 探訪・近代日本 | 14:53 | comments(0) | - | - | - |
        「建築探訪 145」-Okayama5

        岡山 建築 SANAA  倉敷 設計事務所

        大きなイチョウ並木に沿う様に、街にそっと置かれた建物の配置と・・周辺に対してシームレスに繋がっていく開放的な佇まいが・・印象的な「Junko Fukutake Terrace」。岡山大学キャンパス内に建てられたカフェ・・"地域に開かれた施設"の姿は、建物の寄贈者であり、残念ながら今年の2月に亡くなられた、故福武純子さんの思いから。

         

        岡山 建築 SANAA  倉敷 設計事務所

        長手の立面を見る。断面的な「屋根のうねり」が、この建築のチャームポイント。水面の揺らぎの様に・・流れる屋根のラインが、とても素敵な建築。小さな建築ですが・・よくよく見ると、さすがのプリツカー賞建築家による建築・・という感じで凄いです。

         

        岡山 建築 SANAA  倉敷 設計事務所

        林立する細い柱」も、この建築のチャームポイント。

         

        岡山 建築 SANAA  倉敷 設計事務所

        大きな樹木を避けながら"うねった屋根"は、平面的にもアメーバーのような不定形・・建物の構成としてはシンプルだが、工事は難しそうだ。

         

        岡山 建築 SANAA  倉敷 設計事務所

        外部の屋根は「12mmの鉄板にフッ素樹脂塗装」のみ。1/50の断面図で作図をしたら、屋根の厚みの作図部分は「0.24mmの線が1本」だけという・・嘘のような断面図になってしまいます。

         

        岡山 建築 SANAA  倉敷 設計事務所

        カフェ客席より、厨房やトイレなどが入ったコア部を見る。内部天井の仕上げはプラスターボード張り。床の仕上げはコンクリートに撥水剤のみ。

         

        岡山 建築 SANAA  倉敷 設計事務所

        自然に人が入ってこられる、地域の一部となった、まちなかの公園のような大学のカフェ・・日本を代表する建築家ユニットSANNAの設計により、2014年に完成した現代建築の秀作。


         

        0
          | 探訪・現代建築など | 16:18 | comments(0) | - | - | - |
          天神山の建築探訪 ・・

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          倉敷 建築 設計事務所 天神山文化プラザ 建築探訪

          岡山県天神山文化プラザの建築探訪が無事終了・・2日間、計3回たくさんの方々に参加頂きました。参加頂いた方、天神山のスタッフの方、サポートしてくれた"建築家のしごと展"の仲間・・皆々様に感謝感謝。本当に僅かにでも「”建築”に対する皆んなの愛情」が増えて、増えて、何かの形となれば良いなぁ・・と思っています。

           

          天神山迷図 前川チロル 建築探訪 倉敷 建築設計事務所

          建築探訪に参加頂いた方にのみプレゼントした・・「前川チロル」!!!!!!!!!!!

          (デザインはもちろん、トリムデザインです。)

           

           

           

           

          0
            | 日常・お知らせ | 10:46 | comments(0) | - | - | - |
            「#前川國男」

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            天神山文化プラザ 前川國男展 天神山迷図 倉敷 設計事務所

            岡山県天神山文化プラザにて行われていた・・建築家/前川國男を紹介するスペース「#前川國男」展は11/5日に終了しました。(上写真、前川國男の基本情報を掲載した等身大パネル"前川くん"と、青図と呼ばれる当時の設計図などを展示していました。)

             

            天神山文化プラザ 前川國男展 天神山迷図 倉敷 設計事務所

            1961(昭和36)年・・建設当時の周辺の様子や、工事中の様子が分かる写真を展示していました。

             

            天神山文化プラザ 前川國男展 天神山迷図 倉敷 設計事務所

            左の模型は、前川建築をヒントに子供達が作った"未来の建築"・・正面は、岡山市内に"現存する3つの前川建築"の鳥瞰図(絵/岡本直樹さん)を展示していました。

             

            天神山文化プラザ 前川國男展 天神山迷図 倉敷 設計事務所

            実は、展示場所を変えて「建築家のしごと」展の会場入口前にて・・展示中(11/12まで)です。

             

            ※明日11/11(土)も、前川建築を分かりやすく紹介/案内する、建築探訪を行います。展示では紹介していない、前川建築の秘密も色々とお話しさせて頂きながら、建物内を巡ります。普段では入る事の出来ない様な場所も見せて頂けます。(午前10時〜、午後2時〜、各回90分、参加費500円、1ドリンク付)

             


             

            0
              | 日常・お知らせ | 08:39 | comments(0) | - | - | - |
              前川國男の事務所・・

              天神山迷図 建築家のしごと展 前川國男 倉敷の設計事務所 

              写真は前川國男さん・・10月31日(火)〜11月5日(日)の間、岡山県天神山文化プラザで開催される「#前川國男」展・・を今回トリムデザインが担当しています・・・最近は作品集や書籍を読み返したり、前川建築を探訪したり・・「"前川國男"力のアップ」に努めていました。

               

              天神山迷図 建築家のしごと展 前川國男 倉敷の設計事務所

              「前川建築設計事務所」に訪れる機会に恵まれ・・自社ビル(もちろん)前川國男さんの設計・・コンクリート柱梁によるラーメンフレームの存在が際立つ・・今から63年前、1954年竣工の「MIDビル」。62年前、前川國男さんの師である"ル・コルビュジエ"もここを訪れました。(下写真)

               

              ル・コルビュジエ 倉敷 建築設計事務所 天神山

              この生涯一度となるコルビュジエの来日は、1955/11/2/PM9:20〜11/9/PM10:00の、7日間のみ。世界文化遺産にもなった上野の「国立西洋美術館(1959)」の敷地を見るための来日でした。

               

              天神山迷図 建築家のしごと展 前川國男 倉敷の設計事務所

              たくさんの図面や資料を見せて頂き、時間を割いて・・貴重なお話しを親切に話して下さり、ありがとうございました。現在の前川建築設計事務所の所長である橋本功さん(右)、元所員の奥村珪一さん(左)。もちろん御二人とも前川國男さんに直接師事された方々です。

              天神山迷図 建築家のしごと展 前川國男 倉敷の設計事務所

              元所長室!!。ここで前川國男さんが仕事をされていた(感慨)。右側(後姿の方)が前川建築設計事務所の江川徹さん(ありがとうございました、改修の事、色の事など勉強になりました)。左が岡山県天神山文化プラザの山崎さん。奥が「建築家のしごと実行委員会」の平野さん。左側の階段から・・前川國男さんがコツコツと・・階上の所員が居る製図室へと昇り出すと、事務所内に緊張が走ったそうです。

               

              天神山迷図 建築家のしごと展 前川國男 トリムデザイン

              前川國男さんが乗っていた愛車(ジャガーXK-150)!!! 元所員であった奥村珪一さんが車を譲り受け・・今も大切に乗られている!!! さすがの"建築家の愛車"・・この車で銀座の久兵衛に・・カッコイイです、前川國男さん。

              (わざわざ「前川さんのジャガー」で来て頂き、本当に有難うございました、奥村さん。)

               

              微力ながらこの様な事もしております・・

              ※建築探訪「前川國男の建築、天神山文化プラザを歩く」は11月5日(日)AM10〜、11月11日(土)AM10〜、11月11日(土)PM2〜、の計3回を行います。(要予約ですが、5日は詰まってきたので、希望の方は11日に申し込んで下さい。)

               

               

               


               

              0
                | 日常・お知らせ | 09:05 | comments(0) | - | - | - |
                「建築探訪 144」- Gifu1

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                伊東豊雄さん設計の「みんなの森 ぎふメディアコスモス」を探訪。市役所、市民会館、裁判所、税務署、警察署などが集まる岐阜市の中心市街地に建つ、2015年7月にOPENした・・2階全フロアを占める図書館を核に、1階には市民のためのギャラリーやホール、スタジオや交流センター、コンビニやスタバなどなども入った・・とても大きな複合施設。80m×90mという方形を2層重ねた、シンプルな構成の建物。

                 

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                建物の周囲には・・並木道、せせらぎ、デッキテラス、広場なども設けられていて・・とてもいい感じでした。

                 

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                1階エントランスホールを見る。床面に描かれた、各スペースへの方向を示す「丸サイン」が、視認性が高い&分かり易く・・goodです。

                 

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                建物の中核である、図書館スペースのある2階へ・・大きな傘が!!!

                 

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                全く壁のない、80×90mのワンルームの開架エリアに・・いくつもの「"グローブ"と呼ばれる巨大な傘」が、天井から吊られている、2階の眺めが圧巻です。そしてこの「うねっている木製天井」・・厚さ2cmの板で組み上げた「三角格子」を積層させたという天井!!!!! 凄いです!!!!!

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                "傘"はポリエステル製の布で出来ています。直径は8〜14m。

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                机中心のコーナー、ベンチ中心のコーナー・・性格やしつらえの異なる、それぞれのコーナーを覆う・・デザインの異なる"傘"が11個!!!

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                起伏のある床がオモシロイ・・小さな子供のいる親子中心のコーナー。

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                こんなに大きな傘ですが・・柱など下部からの支えはなし。本当に、上から吊っているだけです。

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                籐で編まれたgoodな椅子が並んだ・・視聴覚コーナー。

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                (上)2階カウンターのコーナー。外周に面した席も、たくさん用意されています。(下)1階、円形テラスに面したコーナーには、畳床もあり。

                みんなの森 ぎふメディアコスモス 倉敷 建築設計事務所 

                とにかく、広い建物の内外あちらこちら・・変化のある様々な居場所に、たくさんの席と活動の場を、用意されていたのが・・印象的でした・・閉館時間も21時(閉館日は月1回)という、市民利用(岐阜市民は40万程で倉敷市と同規模・・)を優先した開館。"みんなの森"というだけは、ありました。

                0
                  | 探訪・現代建築など | 16:25 | comments(0) | - | - | - |
                  「福島の家」- 竣工後

                  倉敷 建築 設計事務所 ガーデニング 庭のある

                  (上写真)玄関よりLDKを見る。L字の庭に沿って縁側テラスを配置。

                  倉敷 福島の家 建築設計事務所 岡山

                  (上写真)L字の庭に囲まれたLDK。V字の大きなカウンターが家の中心。

                   

                  梅雨盛期となる前、先週末・・時間を頂いて竣工写真の補足撮影。"額縁"で切り取られたような・・庭を眺める。(Yさん、お休みのところ、ご協力ありがとうございました。)

                  0
                    | - | 23:10 | comments(0) | - | - | - |
                    「建築探訪 143」-Siga / 園城寺 光浄院客殿

                     

                    三井寺 園城寺 勧学院 建築探訪 古建築 建築設計 倉敷

                    滋賀県大津市にある書院造の傑作!!・・「園城寺 光浄院客殿 (1601)」を探訪。(上写真)出入りの扉が並んだ・・東側外観を見る(聳える木立が建物の姿を際立たせています)。左から「落縁につながる片開き妻戸」、「広縁につながる両開き妻戸」、「横桟の連子窓」を挟んで、唐破風の下部にある「室内へとつながる両開き妻戸」・・外部の簀子縁を上がった後、位階勲等に応じて入る扉が、分かれている様です・・

                     

                    三井寺 園城寺 勧学院 建築探訪 古建築 建築設計 倉敷

                    南面した縁を、東より見る。部屋に面した「広縁」、一段下がった「落縁」、の2段で「広い縁」を構成・・突き当りに見える腰高障子4枚が建て込まれているのは「付書院のある上段の間」。(上写真)迫る様に庭は近く・・眺望や借景のある庭と違って、広々とした開放感がある空間ではないが・・それだけに庭の空気が縁に充満して、縁と庭が一体となった「等質な空間」・・が見事に成立していました。

                     

                    三井寺 園城寺 勧学院 建築探訪 古建築 建築設計 倉敷

                    庭と建築の合一感を堪能できるスペース。「深い庇」と「広い縁」・・日本的空間の真髄とも言える、空間を成立させる為の必須アイテムの・・見事なお手本。(上写真)広縁は東南隅が広くなっています・・広くなった正方形の縁スペースの・・「端に立つ柱1本」がとても効いています。

                     

                    三井寺 園城寺 勧学院 建築探訪 古建築 建築設計 倉敷

                    落縁にある「片開き妻戸」を見る。扉の上部、通常は「竹の節欄間」を設けるところに・・あえてこの細長い小壁・・かつて西澤文隆さんが「世にも美しい姿!!」と著書の中で絶賛されていた、光浄院の隠れたチャームポイント。(上写真)この片開き扉1枚を開けているだけで・・空間の印象が、また全然違ったものに感じられるのは、不思議なものです。(先程の写真は扉が閉じています)

                     

                    三井寺 園城寺 勧学院 建築探訪 古建築 建築設計 倉敷

                    広縁と落縁を見る。木目が綺麗!!・・柔らかく射す光が、床板の質感を際立たせています。「光浄院」は、江戸時代の大工の教科書として有名な「匠明」に、資料がある事でよく知られ・・当時から書院造の典型的な形として、お手本にされていたようだが・・しかし一見普通に見えても、実際は全ての細部の細部に渡るまで意識が行き届いた・・隙のない建築。普通のありふれた型でありながら、全く普通ではなくなって際立った存在感を放ち、モノとして建築が生動している・・名建築。もちろん国宝建築。

                     

                    (園城寺の創建は7世紀・・皇族である与多王が父の菩提を弔うために建立を発願・・境内には天智・天武・持統の三天皇が産湯を使ったという泉が在る事から「三井寺」とも呼ばれ・・皇族との関係も深い歴史ある古刹)

                    0
                      | 探訪・日本建築 | 19:27 | comments(0) | - | - | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      + PROFILE
                      + LINKS
                      岡山県倉敷市の日本郷土玩具館 岡山県倉敷市の一級建築士事務所トリムデザイン
                      + CATEGORIES
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + ARCHIVES
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ