t/rim design

倉敷の建築設計事務所トリムデザインのブログ
<< お庭の手入れ・・ | main | 取材撮影 >>
オルガ・トカルチュク

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

ふだん読まない、全く知らない・・作家の小説を「お正月に読む」ということを始めて3年目・・今年は2018年のノーベル文学賞受賞者オルガ・トカルチュクの「逃亡派」と、2011年のブッカー賞受賞者ジュリアン・バーンズの「終わりの感覚」

 

オルガ・トカルチュク 逃亡派 終わりの感覚 ジュリアン・バーンズ 倉敷 設計事務所 トリムデザイン

 

BIEGUNI(逃亡派) 」・・1962年生まれ、現代ポーランドを代表する作家の作品で、2018年のブッカー賞を受賞した作品でもあります・・"旅と移動"をめぐる116の断章から成る、幾つものエピソードが並行的に進んで行くという、何ともストレンジな小説。移動のカタチや目的地は様々、"旅と移動"とは、人体と世界の地図を重ねるという行為・・"探求と発見"の物語。

 

オルガ・トカルチュク 逃亡派 終わりの感覚 ジュリアン・バーンズ 倉敷 設計事務所 トリムデザイン

 

異郷への旅、喜びと驚き、不安定な非日常、孤独、疎外感、自己発見・・神話の時代から人は常に旅をしている・・旅が日常化した現代でも人は何かを探して旅に出る。"中欧的"な文体/構成/理解/感受性で描かれる・・不連続で、多様で、混沌として、偶発的で、拡散的で、非線条的な・・"不明瞭で割り切れない世界"・・この世界の在り方に拮抗できるのは「わたし」だけ・・・

3年の歳月を掛けて執筆されたという"中欧チックな紀行文学"

 

「偶然こそが事件の推進力です。中欧の作家の語りに関する断片性への嗜好は、他のどの場所の作家よりも強いと思います。」

by Olga Tokarczuk

0
    | わたしの本棚 | 12:04 | comments(0) | - | - | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    + PROFILE
    + LINKS
    岡山県倉敷市の日本郷土玩具館 岡山県倉敷市の一級建築士事務所トリムデザイン
    + CATEGORIES
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + MOBILE
    qrcode
    + ARCHIVES
    + OTHERS
    このページの先頭へ