t/rim design

倉敷の建築設計事務所トリムデザインのブログ
<< 「福島の家」- 仕上工事 | main | 「山地の家」-内装工事 >>
PLAY 展

JUGEMテーマ:アート・デザイン

倉敷 建築 設計事務所 アート PLAY 展覧会

大阪の国立国際美術館で行われている「THE PLAY since1967」を訪れる。1967年より関西を拠点に、活動を継続してきた芸術家集団・・「プレイ」の展覧会。(上写真)手前にあるのはプロジェクトで使われた「発泡スチロール製のイカダ」・・

 

倉敷 建築 設計事務所 アート PLAY 展覧会

「矢印型のイカダで川を下る」というプロジェクト。「限られたスペースに展示するためのアート」ではない・・「体験する行為としてのアート」・・というPLAYの作品活動の基本が顕著に現れている作品・・

 

倉敷 建築 設計事務所 アート PLAY 展覧会

「家型のイカダで川を下る」というプロジェクト。発泡スチロールとベニヤ板で出来た・・六畳一間のイカダで、生活しながら川を下るという作品・・

 

倉敷 建築 設計事務所 アート PLAY 展覧会

理屈ではなく、身体を使って"トニカクヤッテミル"というのが・・PLAYの活動の基本のようだ・・

 

倉敷 建築 設計事務所 アート PLAY 展覧会

50年間の活動記録を「仮設足場にベニヤ板を張っただけの展示パネル」で、シンプルに淡々と展示していく構成が・・goodでした。

 

倉敷 建築 設計事務所 アート PLAY 展覧会

こういった展示什器もベニヤ板と角材でシンプルに構成・・goodでした。

 

倉敷 建築 設計事務所 アート PLAY 展覧会

会場入口横にある、丸太で組まれた三角塔は、1977年から1986年までの毎夏行われてた「雷」というプロジェクトのために作られた塔の再現・・一辺20mもある塔を毎夏ごとに大峰山や鷲峰山の山頂に組み立てては解体・・その先端に設置した導雷針に"雷が落ちる"のを10年間待ち続けたが、結局"雷は落ちなかった"という作品・・性急に何かを求めない、緩やかだけど粘り強い・・PLAYの手法、色々と勉強になりました!!!

 

じつは、私(トリムデザインのT)の・・建築の師匠は、このPLAYのメンバーとして40年以上にわたり活動されてきた方なのです・・展覧会は2017年1月15日までなので!!!  是非是非、大阪/中之島の国立国際美術館に!!!

 

 

 

 

0
    | Design・展覧会 | 20:51 | comments(1) | - | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/01/12 12:34 PM |










       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + PROFILE
    + LINKS
    岡山県倉敷市の日本郷土玩具館 岡山県倉敷市の一級建築士事務所トリムデザイン
    + CATEGORIES
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + MOBILE
    qrcode
    + ARCHIVES
    + OTHERS
    このページの先頭へ