t/rim design

倉敷の建築設計事務所トリムデザインのブログ
「山地の家」-断熱工事

JUGEMテーマ:アート・デザイン

倉敷 建築 設計事務所 建築家

外壁の下地工事中。白い透湿防水シートの上に通気層を確保し・・木板を横向きに隙間を取りながら張っていきます。この上に更に防水紙を張って・・左官工事の準備へと工事は続いていきます。

 

倉敷 建築 設計事務所 建築家

柱間梁間を埋めている・・白い凸凹したものが「吹付けウレタン」と言われる断熱材。整髪料のムースのように・・

倉敷 建築 設計事務所 建築家

シュワシュワとした材料を壁に吹き付けると、あっという間に膨張して、柱間を隙間なく充填・・隙間のない断熱層を形成。

 

倉敷 建築 設計事務所 建築家

浴室には「ハーフユニット」を選択。ハーフユニットとは、膝下くらいまでの高さがユニットで、それより上は自由(タイル張りでも板張りでも好きな材料で仕上げられる)にできるという・・工法。「ユニットバスの機能性はOKだけど、ユニットバスの質感がどうもNG・・」という方には、オススメ。

 

0
    | 日常・お知らせ | 22:27 | comments(0) | - | - | - |
    「山地の家」-屋根工事

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    倉敷 建築 設計事務所

    「山地の家」。屋根の上に登ると向こうに見える・・右から左に一直線に伸びているのは・・岡山駅へと向かう「新幹線!!」。屋根材は・・ガリバリウム鋼板タテハゼ葺き。

     

    倉敷 建築 設計事務所

    L字型のリビングダイニング、手前リビング部よりダイニング方向を見る。ダイニングの向こうには、テラス。現場の人に椅子を用意してもらい・・ダイニングに座った感じを・・じっくり体感・・いい感じ!!だけど、やはり植栽を・・。1階全体の階高は3.1m!!。トリムデザイン設計ではいつもよりかなり高め。

     

    0
      | 日常・お知らせ | 09:43 | comments(0) | - | - | - |
      「山地の家」-浴室模型

      JUGEMテーマ:アート・デザイン

      倉敷 建築 設計事務所

      鮮やかな抹茶色のタイル面に、麻の葉、七宝、矢絣、網目・・などの和柄文様。現在工事中の「山地の家」の浴室タイル。10分の1の模型を作って・・文様柄の配置を検討中。

       

      倉敷 建築 設計事務所

      浴槽に浸かった位置からだと・・こんな感じの見え方。色もそうなんですが、柄が並んだ感じが・・図面だけでは、どうにもイメージがつかみ難いタイルだったので・・大き目の模型でCHECK。正面に横長ニッチ、左手に坪庭。海外にて出張中のMさん・・「いかがでしょうか?」

       

      0
        | 日常・お知らせ | 17:53 | comments(0) | - | - | - |
        まちにアートがいっぱい

        JUGEMテーマ:アート・デザイン

        岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016  倉敷 建築設計事務所

        今年から始まった、岡山市内でのアートイベント・・「岡山芸術交流」。テーマは「開発」との事・・成長/進歩/未来/交流etc。世界16カ国、31組のアーティストが参加。岡山駅壁面にも大きなサイン・・岡山市、岡山県、岡山の企業も大協力・・"OKAYAMA"として、かなりアートに力を注がれている感じ。

        (いよいよ今週末までとなりました)

         

        岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016 倉敷 建築設計事務所

        街中の駐車場・・誰もが眼にしていた日常の風景の中に、突然現れた超不自然な訳ありそうな"ややSF的orアニメ的"な感じの・・"未知なる物体"。Ryan Ganderの「Because Editorial is Costly」。空から落ちてきた感じでのアスファルトの壊し具合がgoodです。作家のコンセプトとしては「1900年代のヨーロッパから時間と場所を越えてやって来た」そうです。ちなみに・・Ganderさんは10代の頃から「ターミネーター2」に夢中との事・・確かに!!

         

        岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016 倉敷 建築設計事務所

        このアートイベントの会場にもなっている(後ろ左)「天神山文化プラザ」をバックに・・建築家/青木淳+アーティスト/Philippe Parrenoによる展示パビリオン・・薄い鉄板をチューブ状に曲げているだけです!!  凄い!! 。中を歩いていると、天井が結構たわむ!!!・・この場所に建築家とアーティストがタッグを組んでつくる、宿泊施設の計画概要が展示されています。

         

        岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016 倉敷 建築設計事務所

        「後楽館高校の校舎跡」に展示されている仮設建築・・これを作品と気付かない人も多いのではと思ってしまう程に・・"渋いチョイス"。建築関係の勉強をした人には良く知られた名前ですが、フランス人建築家ジャン・プルーヴェの作品。プルーヴェは1940年代から60年代に・・建築のプレファブリケーション化や工業技術化という側面から・・デザイナーとして独特のスタンスで活躍。最近では建築関係者よりも・・デザインマニアな人達の間で、熱狂的な支持者が多いカリスマ的存在のデザイナー。

         

        岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016 倉敷 建築設計事務所

        「後楽館高校の校舎跡」内、もともと教室だった場所に展示された作品。何色かのカラフルな幾何学グリッドフレームが・・左右前後に部屋を横断!!  1階から3階まで、階も横断!!  して設営・・Jose Leon Cerrilloの「Place occupied by zero (Okayama PANTONE 072,178,3245)」・・Cerrilloさん自身の言葉によると「Sculptural Situation "彫刻的状況"」。

         

        岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016 倉敷 建築設計事務所

        ガラスに張られた言葉は、地元岡山の中学生に制作してもらった文章・・下道基行さんの「14歳と世界と境」

        外のグラウンドに見えるのは、この岡山芸術交流のアートディレクターでもあるLiam Gillickによる「Development」・・緑色の部分はミニゴルフが楽しめるパターコースになっています。

         

        岡山芸術交流 Okayama Art Summit 2016 倉敷 建築設計事務所

        校舎3階よりグラウンドにある、Gillickさんの"パターコース"を見下ろす。室内で流れている音楽と窓際に置かれたCDも”アート"・・Noah Barkerの「Soundtrack for Development」

        2年前、岡山芸術交流のプレイベントとして催された「IMAGINEERING」の時には、グラウンドの向こうの壁に・・同じくGillickさんの作品「the anyspace whatever」がありましたが・・あれも残して置けば、今回の作品との相乗効果や蓄積効果として・・おもしろかったのでは。

         

         

         

         

         

         

        0
          | Design・展覧会 | 14:23 | comments(0) | - | - | - |
          「MIWAX」のカッティングマット

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

          倉敷 設計事務所 カッティングマット MIWAX

          白い大きな机の上に、いつも常置されているカッティングマット・・普通カッティングマットといえば「緑色に白グリッドライン」などが多く・・存在感があって結構困る。・・今回買ったものは "超シンプル & 白色" なのが特徴!!

           

          白色のカッティングマットの場合・・白色といっても「半透明のような乳白色」が多いが、MIWAXのものは「程良くマットな白色」・・基準線もグリッドライン表示ではなく「最低限のドット表示」。白い机の上で、とても控え目・・very goodです。白色のA2サイズのものと、黒色のハンディーサイズのものを購入。

           

          これは余談なのですが・・このカッティングマットを作っている会社は、なんと私が通っていた中学校・・のすぐ側にありました!!  しかも創業が1946年という「カッティングマットのパイオニア」との事!!  (地元びいきという事ではないが・・)素晴らしい!!

          0
            | 日常・お知らせ | 10:11 | comments(0) | - | - | - |
            「福島の家」- 躯体検査

            JUGEMテーマ:アート・デザイン

            倉敷 建築設計事務所 デザイン

            この日は・・"住宅品質確保法に基づく瑕疵保険"の2回目の検査(1回目は基礎の配筋検査)。建築中の躯体(柱や筋交いの取付け状況)のCHECKを検査機関の方が来られて実施。

             

            「福島の家」のLDKは・・天井高3.5mの一室空間。平面的には変則の五角形。南東に向いた正面に、巾2.7m×高2.5mの大きな開口。模型では何度も何度もイメージしていたが・・実際の空間に立ち、室と窓のプロポーションとバランスを、初めて実感&確認できた、この日・・・この仕事を長くしていても、楽しみと緊張の瞬間。だいたいは思っていたより・・広く感じるし、明るく感じる事が多い。大丈夫ですね・・楽しそうなLDKになりそうです。

            0
              | 日常・お知らせ | 14:20 | comments(0) | - | - | - |
              「建築探訪 142」-Finland 27 / ALVAR AALTO 21

              JUGEMテーマ:アート・デザイン

              岡山 建築 アアルト 北欧 倉敷の設計事務所

              フィンランドでの"アアルト建築巡り"も、いよいよ最終・・天気は良好、休日の午前中につき (残念ながら内部は見られませんでしたが)・・歩いている人も車も、ほとんど無く・・外部をじっくりと建築鑑賞。アルヴァ・アアルトの設計により、ヘルシンキ市内に1958年に建てられた「文化の家」・・道路に面した「長い庇」の奥に、仕上げ/形態/機能の異なる「2棟の建物」が並置・・

               

              岡山 建築 アアルト 北欧 倉敷の設計事務所

              多目的ホールとして使われている、左手の建物の出隅を見上げる。他のアアルト建築でもあまり見かけない「大きくアールを取った正方形レンガ」がとても印象的な建物・・写真では平面形はイメージし難いと思いますが・・アアルトの十八番である「アシンメトリーな扇形の有機形態」をしています。断面的にも面白く、起伏のある山のような屋根・・で覆われた建物であります。

               

              岡山 建築 アアルト 北欧 倉敷の設計事務所

              アアルトの名前と工事年が書かれた「プレート」が張られています・・木製窓、レンガ壁、板金パーツ・・のバランスが、なんともいい感じです。

               

              岡山 建築 アアルト 北欧 倉敷の設計事務所

              建物の出隅部詳細を見る。今回の"アアルト建築巡り"でも何度も実感させられた事・・建物に触れる事が出来るくらいの至近距離で見る方が・・アアルト建築はとても楽しめるという事・・この素材感を感じられる距離でマテリアルを味わい・・再び全体形を思い返して、再び納得・・という感じが楽しい。

               

              岡山 建築 アアルト 北欧 倉敷の設計事務所

              2棟の間にある、中庭からレンガ棟を見る。今回の"アアルト建築巡り"で幾つも幾つも見てきた・・ "アアルト窓"、"アアルト窓"、"アアルト窓"・・ この建物は、もともとは「フィンランド共産党本部」として建てられたそうです。

               

              岡山 建築 アアルト 文化の家 北欧 倉敷の設計事務所

              中庭から、右手にある「オフィス棟」を見る。金属板と水平連続木製窓の繰り返し・・中庭に面した、2棟のつなぎ部分が管理部門のエントランス。

               

              岡山 建築 アアルト 文化の家 北欧

              有機的で不正形な「レンガ棟」とは、著しく対比的な・・キューブで水平連続窓な「オフィス棟」。本当に、別々の施設かと思える程に、ひとつの建物で、意匠も形態も素材も異なった2棟が中庭を挟んで建つ構成が・・ユニークな建築。

               

              岡山 建築 アアルト 文化の家 北欧

              オフィス棟を見上げる。銅板がいい感じで経年変化しています。やはり・・金属は金属らしく、そういう素材とディテールの扱い方が・・goodです。

               

              岡山 建築 アアルト 文化の家 北欧

              オフィス棟の木製窓を見る。北欧では、この様な規模のオフィス系建築でも木製窓・・断熱係数の優位性を考えれば、もちろん金属よりも木材ですが・・木材も板金材も「正面からビス納まり」だが、以外と気にならない・・

              岡山 建築 アアルト 文化の家 北欧

              20件を越えた、今回のフィンランドでのアアルト建築探訪の最後・・"アアルト窓" にタッチしてお別れ。でも、まだまだ行きたかったけれど、行けなかった・・アアルト建築はいっぱい。またいつか "アアルト建築巡り" ・・にフィンランドを訪れたいものです。

              0
                | 建築探訪・Finland | 19:27 | comments(0) | - | - | - |
                「福島の家」- 上棟

                JUGEMテーマ:アート・デザイン

                倉敷 住宅 設計事務所

                日中は30℃まで上がり、今日も現場は暑かったけれど・・空を見上げると「いわし雲」で、すっかり秋の気配。「うろこ雲」と言う人もいるけど、これって地域性の違いなのかな・・今日は天気にも恵まれ、日柄も良く、問題なく無事・・上棟、良かったです。 拍手拍手拍手

                 

                 

                0
                  | 日常・お知らせ | 18:41 | comments(0) | - | - | - |
                  「建築探訪 141」-Finland 26 / ALVAR AALTO 20

                  アアルト 銀行ビル
                  光沢を抑えた金属製ファサードの渋さが、とても印象的な中層ビル・・ヘルシンキ市内にある、1964年アルヴァ・アアルト設計により建てられた "銀行ビル"・・アアルト作品集による建物名は「ポホヨスマイデン・ユフディスパンキビル」。同じくアアルト設計による、同デザイン系列の中層ビル・・「ラウタタロ」や「アカデミア書店」も、実はこのすぐ近くに建っています。

                   

                  アアルト建築 北欧デザイン 岡山の設計事務所

                  通りに対して並んで建つ、左右の既存ビル・・そのそれぞれの高さに揃えて建てたのが・・デザインのポイント。左右の軒ラインを調整する役割を担い・・大屋根のある上層部はセットバックして、存在感を弱め・・街並みに配慮。


                  アアルト建築 北欧デザイン 岡山の設計事務所
                  垂直水平に伸びる、細いダブルラインの幾何学で構成された・・ファサードデザイン。銅系金属材ファサードの重々しさを上手く中和する・・上品で軽快な印象のダブルライン・・縦勝ちです。
                  アアルト建築 北欧デザイン 岡山の設計事務所

                  縦のライン2本はすっきり・・横のライン2本には少しモールディング的な変化をつけ・・上下でそれぞれ少し形を違えているのも、デザインのアクセントとして、とても細かい処理ですが・・現場に立ってヒューマンスケールで建物を見ていると、この細かな処理が全体のファサードに・・とてもよく効いている様に思えます。窓は、アアルト建築ではお馴染みの・・いつもいつもの「大きなFIX + 縦長開口」の・・ ”アアルト窓”。


                  アアルト建築 北欧デザイン 岡山の設計事務所

                  通りから控えた1階部分を支える・・石と金属により構成された、この柱がとても素敵でした・・建物全体は金属的な素材でファサード全体を仕上げている中、浮いているかの様に、柱4面に貼り付けられた石材12枚の存在感がとてもgoodでした。
                  アアルト建築 北欧デザイン 岡山の設計事務所
                  この大きく面を取られた部分の金属材・・角度も大きさもgood。石材のエッジを見せた納まり・・両側のモールディングのような見切材の存在もgood・・
                  アアルト建築 北欧デザイン 岡山の設計事務所
                  柱の足元を見ると分かり易いのですが・・四角ではなく、ほんの少しテーパーを取った・・台形平面の柱なんですよね・・素材の経年ぶりもgoodです。なんて事ない、街中の中層オフィスビルなんだろうと思い、ぶらりと見に来たけれど・・「さすが、北欧の大巨匠だ!!」・・と、誰もいない早朝のヘルシンキで、感嘆感心。
                   

                  0
                    | 建築探訪・Finland | 10:39 | comments(0) | - | - | - |
                    mt、大人買い。

                    カモイ加工紙 mtテープ 倉敷 建築設計 岡山

                    mtを5本、まとめ買い!!・・ついついカワイイので幾つも買ってしまう。見てすぐに一番気に入ったんだけど1本480円と、他のmtの何倍もする "金色ランダムドット柄" のmt!! (design by mina perhonen)・・迷ったけどget。スゥエーデングラフィックデザインの巨匠オーレ・エクセルの "ペン画によるイラスト柄" もカワイイので即get。

                     

                    JUGEMテーマ:アート・デザイン

                    0
                      | 日常・お知らせ | 16:20 | comments(0) | - | - | - |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << December 2016 >>
                      + PROFILE
                      + LINKS
                      岡山県倉敷市の日本郷土玩具館 岡山県倉敷市の一級建築士事務所トリムデザイン
                      + CATEGORIES
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + ARCHIVES
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ