t/rim design

倉敷の建築設計事務所トリムデザインのブログ
「建築探訪 162」- Kagawa 6

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:アート・デザイン

岡山 建築設計 倉敷 山本忠司 瀬戸内の建築

オリンピック選手でもあり、香川県の建築技師でもあり、建築家としても活躍された山本忠司さん・・丹下健三の代表作である香川県庁舎の建設や、アトリエ建設に関わるイサムノグチとの交流などを通じて・・地域にある素材、技術、伝統から多くを学び・・"風土に根ざした独自の建築"を開花させていった・・山本忠司さんは多くの秀作を香川県に残されています。

 

岡山 建築 倉敷 建築設計 建築家 山本忠司

「城の眼」は、今から57年前、1962年に高松市内に出来た小さな喫茶店・・注目すべきは、ファサードを構成している外装のデザイン!!!・・20枚程度のコンクリートパネルが金物で即物的に留め付けられているのですが・・このパネルのクラフト的な出来栄えが秀逸・・長方形コンクリートパネルに"縦桟で波波模様"をつけたデザインなのですが・・コンクリートを流し込む型枠の木板を、あえて斜めに組む事で出来上がったパネルのマチエールが・・goodです。下記はなるほどな!!!という山本さん自身の言葉です。

 

「地域文化というものは、できる限り広く求めて、そこにあるものと併せてもう一度グローバルなものに置き換えていく。それはその地域でつくるものであり、地域がつくるものである。そのモメントとなるのはやはり地域愛とそれに伴う情熱のように思われる。」 by 山本忠司

 

 

0
    | 探訪・近代日本 | 16:01 | comments(0) | - | - | - |
    「建築探訪 161」- Tokyo/小金井

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    倉敷 建築 設計事務所 建築家 近代建築 前川國男 自邸

    「前川國男邸」を探訪・・戦中の厳しい資材統制のなか1942年に建設。(1973年、手狭となった前川邸はコンクリート造の"新前川邸"に建て替えられるたのだが、その際に移築を前提に解体されていた"旧前川邸が・・)1994年に東京都小金井市にある"江戸東京たてもの園"に都内から移築

     

    (上写真/アプローチとは反対側になる庭側(南側)から外観を見る。)5寸勾配の瓦葺切妻の大屋根にまとめられた潔い姿が印象的・・前川國男の師匠であるル・コルビュジエから学んだ・・白い四角い住宅とは全く異なる意匠・・

     

    倉敷 建築 設計事務所 建築家 近代建築 前川國男 自邸

    (上写真/北側のアプローチより外観を見る。)1938年に布かれた建築統制の30坪で作られている前川邸は・・現在の日本の住宅事情に近く、親近感の持てる大きさ。門扉を抜け、アプローチを真っ直ぐに進む・・

     

    倉敷 建築 設計事務所 建築家 近代建築 前川國男 自邸

    一度左に向きを変え・・板張りの外壁と前庭を見てから、もう一度右に向きを変えて・・玄関に到達。

     

    倉敷 建築 設計事務所 建築家 近代建築 前川國男 自邸

    何度も方向を変え、折れ曲がりながら・・外部から居室へと到る"一筆書き"と言われるアプローチは・・前川國男らしい動線のデザイン。

     

    倉敷 建築 設計事務所 建築家 近代建築 前川國男 自邸

    高さと広さを抑えた玄関周りの小さなスペースから、回転軸の偏った"葛布貼り"の大きな開き扉(巾1600×高1860)を開くと・・徐々に明るい"大きな"空間が見えてくる・・

     

    倉敷 建築 設計事務所 建築家 近代建築 前川國男 自邸

    静謐な空間・・南庭に面した大きな窓が、まず眼に入ってくる・・上部は透明ガラスの格子戸、下部は障子4枚建て。4.5mの高さがある居間の空間・・・壁天井は漆喰塗り。居心地が良く、いつまでも長居していたい空間。(巾6.3m×奥行5.4mの居間平面は黄金比の大きさ・・巾6.3m×高さ4.5mの大窓のプロポーションは日本人好みの白銀比の大きさ。)

     

    倉敷 建築 設計事務所 建築家 近代建築 前川國男 自邸

    振り返ると・・2階ロフトスペース。ロフトの下、横長な北窓に面して・・落ち着きのああるダイニングスペース、ダイニングテーブルのすぐ右手にはキッチン。

     

    倉敷 建築 設計事務所 建築家 近代建築 前川國男 自邸

    戦後は、空襲で失った銀座事務所に代わり(1954年に現在も使われている四谷の自社ビルが出来るまでの約10年間は)・・この自邸を事務所として使用していたそうだ。

     

    倉敷 建築 設計事務所 建築家 近代建築 前川國男 自邸

    住宅が建てられた昭和17年頃は、資材統制で思うような材料が手に入らない状況・・南庭、石張りのテラスに立つ立派な丸柱は・・不要になった電信柱を再利用したものと・・言われています。"大きな妻面に丸柱"と言うと・・こちらの建築の影響をついつい思い起こしてしまいますが・・あながち外れてはいない様です。

     

     

    0
      | 探訪・近代日本 | 12:27 | comments(0) | - | - | - |
      築地松

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      JUGEMテーマ:アート・デザイン

      倉敷 建築 設計事務所 建築家 岡山

      昨日、現場調査とヒアリングで訪れた住宅には・・"立派な築地松"が植えられていました。築地松(ついじまつ)とは島根県の宍道湖近辺で見られる防風林・・敷地の西側や北側に植えた"黒松"を一定の高さで刈り整えた・・風情のある風景。

       

      倉敷 建築 設計事務所 建築家 岡山

      初めて、近くで見た"築地松"・・枝張りの形と樹形が独特です。根張りが良く、強風にも強いという事で、300年くらい前から植え初めたそうです。歴史と風格を感じる"築地松の風景"ですが、保存維持には世代を超えた努力が必要な訳で(こちらのご主人は13代目になるとの事)・・・

       

      倉敷 建築 設計事務所 建築家 岡山

      松くい虫の被害にも注意しながら・・これだけの太さに成長させるには・・かなりの年数が必要だと思われます。この地方を象徴する"築地松の美しい風景”は・・非常に独特なもので、貴重な景観資産・・各々の家の理解と努力と愛情がなければ、守る事が出来ない様に思われます。

       

       

       

      0
        | 日常・お知らせ | 09:43 | comments(0) | - | - | - |
        建築家のしごと6、建築探訪・・

        JUGEMテーマ:アート・デザイン

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        倉敷 建築 設計事務所 建築家 岡山

        5/28から始まっていた「建築家のしごと6」が、無事終了・・

        写真は最終日(6/9)のイベント"建築探訪"の様子・・「路地で巡る、倉敷美観地区の近代建築1055」と題した市民向けのワークショップ。天気もよく・・2日間で50名近く、予定定員を超える参加で・・ありがたい限りです。私たちが普段から感じている倉敷美観地区の建築の魅力を、少しでも伝える事が出来ていたならば・・良いのですが。ご参加下さった皆様・・本当にありがとうございました。

         

        0
          | 日常・お知らせ | 09:29 | comments(0) | - | - | - |
          多度津の家

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

          倉敷 建築 設計事務所 建築家 岡山

          昨日、新しい敷地を訪れました・・・広々とした、伸びやかな周辺状況。倉敷から瀬戸大橋を渡ると(以前は片道5000円くらいだった通行料が今は2000円程度になっていてビックリ)、意外に近い場所でありながらも・・これまで縁がなかった、香川県でのはじめての計画。近辺には山や池もある、風がよく抜ける・・・良い家が出来そうな、気持ちの良い敷地。

           

          計画のスタートはとても楽しい作業なのですが・・

          とりあえず今週は「しごと展の建築探訪」の準備で手がいっぱい。土曜日は定員が埋まりましたが、日曜日は定員に少し余裕がありますので・・ご興味のある方は、ぜひご参加下さい。

          0
            | 日常・お知らせ | 17:54 | comments(0) | - | - | - |
            2021年夏までの仮店舗・・

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            JUGEMテーマ:アート・デザイン

            倉敷 建築 設計事務所 建築家 岡山

            トリムデザインでは、その様な案件は少ないのですが・・今回は大急ぎ!!!。現場調査から・・GW10日間を挟んで、実質1.5ヶ月ほどの間で、作図&見積&着工・・完成へ。様々な事を即決即決!!!。

             

            2021年夏「本店舗OPEN」までの仮店舗だけど、2年ちょっと・・仮とは言いながらも業務に必要な"モノとスペース"は一揃い必要な訳で・・(こうしたい、ああしたいは色々あるけれど、)最小限の工事で、出来るだけ・・使いやすく、気持ちよく。

            0
              | 日常・お知らせ | 10:54 | comments(0) | - | - | - |
              乙島の家

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              JUGEMテーマ:アート・デザイン

              倉敷 建築 設計事務所 建築家 岡山

              昨年のオープンハウスで「酒津の家」を大変気に入ってくださり・・その後良い敷地も見つかり、プレゼンをさせて頂いていた"乙島の家"・・2020年夏の竣工を目指して、本格的に設計スタート!!!となったのですが・・今月後半からは毎年恒例の"しごと展(5/28~6/9)"があり、これが終わるまではなかなか思うように時間が取れず・・本業やや停滞気味ですが、仕方なし。

               

              (上写真)陽当りが良く、気持ちの良い敷地。クラッシックな日本家屋がまだまだ周辺には多く残るエリア・・落ち着いた町の雰囲気を乱す事のない、でもどこか新しい様な・・住宅が建ちます。既存の石垣がgood・・

              0
                | 日常・お知らせ | 18:06 | comments(0) | - | - | - |
                洗面/浴室のリフォーム・・

                JUGEMテーマ:アート・デザイン

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                浴室のリフォーム 在来 倉敷 建築 設計事務所

                (リフォーム前)

                大きな洗面台だけど・・築20年近くで、色々と古い感も出てきて・・そろそろという感じで、洗面室&浴室をリフォーム・・

                浴室のリフォーム 在来 倉敷 建築 設計事務所

                (リフォーム後)

                容量の大きな、天井いっぱいまでのウォールナット突板の壁面収納棚と、奥行きのあるクォーツストーンの洗面カウンター・・正面には間接照明のついた鏡面収納棚。

                浴室のリフォーム 在来 倉敷 建築 設計事務所

                (リフォーム後)

                壁には縦長のデザインタイル。床は大理石調のサーモタイル(冬でも冷たくならない)・・丸い洗面ボウルと立水栓はCERAのスタルクデザイン。

                 

                 

                浴室のリフォーム 在来 倉敷 建築 設計事務所

                (リフォーム前)

                一番の難点は、浴槽縁が大きくて(高くて)・・跨ぐのが危なかった!!。窓の位置と大きさも、どうも落ち着かない感じ・・何枚かのタイルは劣化で、割れたりもしていて・・

                 

                倉敷 建築 設計事務所 建築家

                (リフォーム後)

                跨ぎやすい浴槽縁に変更・・人造大理石の浴槽は、"鋳物ホーロー"に変更・・浴槽廻りとカウンターには"十和田石"・・洗面と揃えた"縦長デザインタイル"・・壁面を照らす間接照明。

                 

                倉敷 建築 設計事務所 建築家

                (リフォーム後)

                「ユニットバスで簡単にリフォーム」してしまうという方法もあるのですが・・しかしやはり、石やタイルや鋳物といった存在感のある素材で造られた"在来浴室"の方が・・・goodです。

                 

                0
                  | 日常・お知らせ | 17:29 | comments(0) | - | - | - |
                  " DIY "な矢印サイン

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  倉敷 建築 設計事務所 建築家 岡山

                  知人に作って頂いた・・"アクリルのパネル&パーツ"。全く違う機会に別の知人に頂いた"アルミポール"。この2つで・・・DIY的に「スタンドサイン」を作成。(DIYのサインにしては、素材のグレードがハイレベル・・)

                   

                  倉敷 建築 設計事務所 建築家 岡山

                  こんな感じで完成!!!。ポールとは着脱式になってます。固定はしていません・・それはどうしてなのか?・・このポールをよくよく見て、それに気付く人がいれば・・素晴らしい!!!!・・そんなあなたは、"かなりの建築通"に間違いありません!!!。

                   

                  倉敷 建築 設計事務所 建築家 岡山

                  この様に「A4」を貼ってもgoodです。素材を提供して頂くかたちになった・・"大阪のYさん"と"倉敷のTさん”・・有難うございます。感謝感謝。

                   

                  レンタルスペース「玩具館のくら」については、こちら

                   

                  0
                    | 日常・お知らせ | 10:19 | comments(0) | - | - | - |
                    「建築探訪 160」- Tokyo/ 下石神井

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    JUGEMテーマ:アート・デザイン

                    倉敷 建築 設計事務所 建築家 内藤廣 いわさきちひろ 美術館

                    内藤廣さん設計の「ちひろ美術館・東京」(2002)を探訪・・東側外観を見る。アプローチ道路に面した東側外観は・・両翼を大きく広げた・・Wellcome!!な感じがgoodです。周辺は一般的な住宅が建ち並んでいる様なエリア・・もともとは作家である"いわさきちひろ"さんの・・自邸の一部を使って始められた美術館の建て替え・・

                     

                    倉敷 建築 設計事務所 建築家 内藤廣 いわさきちひろ 美術館

                    アプローチ道路から外観正面を見る。左右の2棟で挟み込む形・・2棟の間に駐車場、中庭、カフェテラスを配置。配置計画にも影響を与えている、建て替え前からある"大きなケヤキ"の存在が、建物を引き立てる・・右手の1階にエントランス。

                     

                    倉敷 建築 設計事務所 建築家 内藤廣 いわさきちひろ 美術館

                    建物上部がフッ素樹脂塗装のSUS鋼板竪はぜ葺き。下部はコンクリート打放し。

                     

                    倉敷 建築 設計事務所 建築家 内藤廣 いわさきちひろ 美術館

                    100mm間隔/9mm角のダブルの・・格子塀が素敵です。

                     

                    倉敷 建築 設計事務所 建築家 内藤廣 いわさきちひろ 美術館

                    北棟1階のカフェより、中庭越しに南棟を見る。住居系の地域に建つ美術館・・(法規的な規制もある事からなのですが)ヒューマンスケールなヴォリュームによる構成が・・落ち着きます。リラックスできるアットホームな美術館・・

                     

                    倉敷 建築 設計事務所 建築家 内藤廣 いわさきちひろ 美術館

                    建物中央の連結ブリッジ部を見る。北棟2階の展示室2を出て、南棟2階の図書室へと向かう部分・・中庭に面した大きな開口を介して、建物全体との繋がりを常に感じられる空間構成がgoodでした。

                     

                    倉敷 建築 設計事務所 建築家 内藤廣 いわさきちひろ 美術館

                    中央連結部の1階、中庭に面したカフェテラスを見る。基本的には以前の建物や庭の配置を踏襲しているそうだ・・多角形の小さなヴォリュームに分けた複数の棟を、中庭のある中央部で連結した、とても複雑な形の平面が・・多様な居心地を作り出していて・・とても魅力的。

                     

                    倉敷 建築 設計事務所 建築家 内藤廣 いわさきちひろ 美術館

                    (上の館内サインは来館者が使用するエリアのみの表示なので、建物全体を正確には表していません。)

                     

                    踏襲したからこその"形"なんだろうか・・新規から考えた形では、こうも自然に感じのいい不定形は作れなさそうな気がします・・。

                     

                     

                     

                     

                     

                    0
                      | 探訪・現代建築など | 14:14 | comments(0) | - | - | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      + PROFILE
                      + LINKS
                      岡山県倉敷市の日本郷土玩具館 岡山県倉敷市の一級建築士事務所トリムデザイン
                      + CATEGORIES
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + ARCHIVES
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ